布ナプキンって実際どうなの?口コミ比較サイト

三角の画像
TOP > 布ナプキンを選ぶコツ > 布ナプキンの使用感は?

布ナプキンの使用感は?

布ナプキンはエコに繋がるだけでなく様々なメリットがあると言われています。その中でも不快な生理痛を和らげるという効果もよく言われることの一つです。
そのわけは、生理痛が生理活性物質の子宮の筋肉を収縮させる作用によって起こるからです。子宮が、剥がれ落ちた内膜の組織や月経血を異物として認識し、押し出そうとする力が働くことにより筋肉が収縮します。毒や異物が多いほど収縮活動が増えることになり、痛みが増す原因になるとされています。
紙ナプキンに含まれる石油素材などは、生理痛や不妊を引き起こす原因の1つだという考えがあります。対して、布ナプキンは天然素材で作られているので、身体に優しい使用感で生理痛の緩和につながると言われています。

紙ナプキンの多くは、熱冷ましの冷却シートにも使われる水分を含むとゼリー状になる高分子吸収体ポリマーを吸収体として採用しています。経血を吸収した紙ナプキンによって、子宮が冷えてしまうことになり、生理痛・子宮の病気・不妊症などの原因を生むとも言われています。それに引き換え、布だと、洋服の重ね着と同じ効果を発揮します。
子宮を包み込んで体を温めます。冷えが改善することで基礎代謝が上がる効果が期待できます。そして、何よりも一度使うとやめられなくなるという方が多いのがコットン素材で出来ているので使用感が肌に優しい点です。紙ナプキンの肌に触れる素材は不織布で作られています。蒸れやすい原因の1つとして、漏れを防止するために貼っているビニールが原因です。
ビニール素材は漏れを防いでくれる変わりに、通気性が悪いため、蒸れが発生しがちです。布の場合は、湿気は逃しても水は逃さないという布を採用しています。漏れを防ぎながらも、通気性がいいので肌に優しい使用感で蒸れも防ぎ、かぶれにくいので、快適に過ごすことができます。

また、女性として気になる事の一つとして生理中の臭いです。本来ならば経血自体は無臭です。それが臭う原因になる理由があります。1つは、蒸れが起きたことによる雑菌の繁殖です。
そして、もう1つは、紙ナプキンに含まれる化学物質の石油原料と高分子吸収剤が、経血と触れることで臭いが発生しています。布であると通気性が良いので蒸れを軽減してくれます。勿論、使い捨てではなく、毎回洗う手間などを考えると敬遠するという人もいるでしょう。
しかし、考えているほど手間ではありません。洗いの基本は「もみ洗い」「浸け置き」「乾かす」の3ステップだけです。
普段の下着と同じように洗濯機で洗うこともできます。出血量の多い時は避けたり、外出の少ない時に試してみたりと工夫しながらまずは使ってみると良いでしょう。ゴミが出ないので、ゴミ捨ての手間も省けます。使用済をためておくこともないので、気になるニオイも発生しません。
さらに、繰り返し使えるので経済的です。女性は長い期間、お付き合いするので一度試してみるのが良いでしょう。