布ナプキンって実際どうなの?口コミ比較サイト

三角の画像
TOP > 布ナプキンを選ぶコツ > 布ナプキンの効果は予想外に大きい

布ナプキンの効果は予想外に大きい

布ナプキン効果に関しては、かなりたくさんあり、布ナプキンにはかゆみやかぶれ、冷え性改善などによる効果がすぐあるだけでなく、使っている人は生理が軽くなったといわれています。
また、少し長い目で見ていけば、他にも不妊による改善や婦人病予防に対しても関連はあるはずでしょう。
しかも、もうひとつ意外な大きな変化としては自分の体に対してていねいに向き合っていくようになることであり、大きなことでしょう。
また、ケミカルナプキンに対して含まれている薬品やケミカルナプキンの素材に関しては、石油系の化学繊維によってつくられていることも原因となっています。
つまり、肌にポリエステルに含まれいるショーツよりも木綿やシルクのショーツの方があたたかいのと同じことでしょうが、それだけではありません。
現在の使い捨てナプキンには、素材と素材に使われている薬品に関してはよくなく、薬品については飲んではいないけれど、肌より吸収されているようになっています。



布ナプキンの効果を知りたい方へ

生理中に使うナプキンを布ナプキンにする事でとても良い効果があります。
その効果をお教えします。
まず、紙のものを使用していると、どうしてもかぶれやかゆみに悩まされている方がいます。
布の場合、そのかゆみやかぶれから解放されます。
そのため、快適に過ごす事が出来ます。
それから布の場合は、冷えの悩みを解消してくれます。
そのため、生理痛が軽減する事があります。
紙ナプキンは血液を固めて吸収する事で冷えの原因を作っています。
布は自然の物なのでそれがありません。
また、臭いがなくなります。
紙の場合、血液と紙ナプキンがか化学反応を起こして臭いの原因になったり、空気に触れる事で酸化して臭いの原因を作っています。
布はこれらの原因を軽減してくれる効果を持っています。
また、繰り返して使用する事で環境にも優しいナプキンです。



布ナプキンは子宮を冷やさない効果がある

冷えは万病の元と言われるように、体に様々な不調をもたらします。
特に生理中は濡れた紙ナプキンを付けることで、子宮から冷えていってしまいます。
子宮が冷えると、生理痛がひどくなったり、吐き気やだるさを感じたりしてしまいます。
子宮を冷やさない効果を持っているのは、布ナプキンです。
紙ナプキンは濡れると冷たくなってしまいますが、布ナプキンは暖かく、ふんわり包んでくれるので冷えません。
ムレやかぶれもなくなり、生理期間をとても快適に過ごせます。
また、布のナプキンを利用することで得られる利点はこれだけではありません。
布製のナプキンは使用後に洗う必要がありますので、必然的に経血をよく観察するようになります。
経血は体の不調や、子宮の様子を知る大きな手がかりです。
それを月に一回きちんと観察するようになることで、自分の体に目を向けるきっかけにもなります。

次の記事へ